お仕事紹介

施設外就労 (水耕栽培)

※施設外就労とは、利用者さんが本来の施設以外の場所に出向き、一般就労を目指して地域企業様との理解を深め、職場の方々と協力して作業を行う活動の事です。

水耕栽培の担当をされている中川さんにお話を伺いました。

種蒔きから出荷までの流れを教えて頂きました。

それでは、今回は種蒔きから定植までの流れを見ていきましょう。

中川さん:はじめまして、「はたらくよろこび」にて水耕栽培を担当させて頂いております、中川と申します。みなさんは「水耕栽培」をご存じでしょうか。

私は、ここで作業させて頂くまでよく分かっていませんでした。しかし、普段何気なくお店で買っていた野菜を1から育てて出荷するまでに大変な苦労があるという事を知り、慣れるまでは気が抜けない状態でした。育っていくにつれ、我が子の様に大切にしたいという思いが強くなってきました。それでは、どのように栽培していくか説明していきますね。

このように、土ではなく「水」で育てるものを、水耕栽培といいます。

まず、穴のあいたウレタン(スポンジ)に水をたっぷり含ませ、種を入れます。これを「播種」と言います。

あたたかい暗室に夏場は2~3日、冬場は4~5日ほどで芽が出てきます。赤ちゃんの誕生です!カワイイですね!

約1cmほど芽が伸びたら、暗室から出します。

安定したところで、水の上に浮かせてある「パネル」に苗を植えます。これを「定植」といいます。

健気に育っていますね!もっと続きが気になりますが今回はここまでです!次回をお楽しみに!中川さんありがとうございました。 以上、ブログ担当 土田でした。

ハロウィン商品🎃

中に入っているお菓子の紹介です。

糀ASOBI(代表 中山緑)さんのTAKANDO COOKIEです!美味しいです!1つ税込1100円です。宅配、郵送の場合は要相談になります。お問い合わせは、はたらくよろこび 土田まで!

0766-54-6624

ハロウィン🎃

10月はハロウィン🎃の季節ですね!紙バンド工房でもハロウィンのカゴバッグを製作し、カゴバックの中にお菓子を入れて販売する事になりました。ハロウィンの顔は同じものがありません。利用者さんのそれぞれの手によっていろいろな表情があって、どれも可愛いですし、ちょっと怖そうなハロウィンもあって賑やかな印象です。

紙バンドクラフト工房!

初めまして、8月からはたらくよろこびに入社しました土田と申します。この度、紙バンド製作に携わる事になりまして、毎日楽しく作品を制作しています。また、9月から新・利用者さんも加わり、これを期に心機一転、工房をリニューアルしました。これから作品をどんどん増やしてアップしていきますので暖かい目で見守って頂けると嬉しいです。どうぞ宜しくお願いします。ありがとうございました。

施設外就労にて!

木の解体、アルミの仕分け解体作業をやっている風景です〜ニコニコ

FAkEFssDQ+yVWlT3uoE9CQ

大分外も涼しくなってきていますが、まだまだ工場は暑いです😭

ZHc%uke8QsOYTCd2UAQy3g

それでも、暑さに負けずに作業を頑張っています🔥

m1AS2nU9R2ioryp1ddfUag

1 / 4123...最後 »

はたよろ日記

はたらくよろこびの活動報告